対馬の樹


WEBサイト『対馬の樹』より
by tsushimanoki
このブログについて
WEBサイト『対馬の樹』のコンテンツ「対馬のこと」をご紹介しています。皆様のご意見やご感想をお待ちしています。
以前の記事
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

洋食屋「Arbby Kitchen(アービーキッチン)」

またまた食べ物、レストラン情報。今日、偶然にも、いつもお世話になっているアロマセラピストさん、そして甥っ子達の保育園の副園長先生(対馬出身の方)のお二人に、全く同じ新聞記事の切り抜きを見せていただいた。こういう風に、私のことを気にかけてくださって、「対馬」というキーワード、私が高い関心を示しそうな情報を提示してくださる方がいて、本当に本当にありがたいと思う。

その記事とは毎日新聞の連載「天ぶら通信」(2009年2月7日朝刊)。ちなみに「天ぶら」とは福岡市中央区天神地区界隈をぶらぶらの意。対馬出身の若い女性がオーナーの洋食屋について紹介されている。写真の笑顔も爽やかで素敵。もちろん対馬の食材を扱っていて、ミズイカはお父さん、野菜はお母さん、アナゴは友達のお父さんから。「食べログ」などもあわせてチェックしたところ、おしゃれな感じのお店。それにきっと美味しくて温かいお店なんだろうなぁ。ランチもやっているので近いうちに出かけてみようっと。みなさまもぜひに。

以下、毎日新聞の記事の全文。

対馬の良さを伝えたい/料理店オーナー・阿比留弘子さん(30)

福岡市中央区高砂で洋食屋「Arbby Kitchen」(092-522-2801)を営む。間接照明が淡い光を放ち、女性ボーカルのBGMが流れる店内。棚には……、お米?「対馬で両親が作ったお米を販売しているんです」。

高校卒業まで長崎県対馬市で育った。故郷の思い出は「海」。高校3年生の夏、体育祭の打ち上げをしたのも海だった。学校からの道すがら、汗ばむうなじを海風がなでた。体操着のまま山を越え、持ち寄った食材でバーベキューをした。今も里帰りをすれば「海行こうか」。

だが、見慣れた風景も変りつつある。対馬には働き口が少なく、人口も減った。韓国人観光客が急増し、戻るたびにまちの様子も変わる。「(対馬が)なくなっちゃうんじゃないか」。そんな気持ちに駆られた。

なんとか対馬の良さを知ってほしい。みんなの生活が少しでも潤えばいい。古里への思いから、店では対馬の食材を使うようになった。アナゴは友人の父から、水イカは父、野菜は母。メニューには「本日の対馬産」のページがあり、洋食屋にしては珍しく魚が豊富に並ぶ。

ゲソの塩焼きに対馬の焼酎。店の雰囲気に合わないんじゃないのって言われても構わない。「飲みたいもの、食べたいものがあればいいんです」。ユニホームの白いシャツのようにきっぱり語った。

※こちらのサイトでも紹介されています。
■食べログ
http://r.tabelog.com/fukuoka/A4001/A400103/40004124/
■FM FUKUOKA/BUTCH COUNTDOUN RADIO「ザ・メシュラン」
http://fmfukuoka.co.jp/mechelin/detail.php?g_id=152

Arbby Kitchen(アービーキッチン)
〒810-0011福岡市中央区高砂1丁目22-2-2階 アーク7番館205
TEL/092-522-2801
営業時間/11:30~13:30(OS14:00)、18:00~25:00(OS24:30)
定休日/日曜日・祝日

□対馬の樹 http://www.tsushimanoki.net
[PR]

by tsushimanoki | 2009-02-21 03:12
<< かじめのぬか漬け あのフレンチレストラン「こじま... >>