対馬の樹


WEBサイト『対馬の樹』より
by tsushimanoki
このブログについて
WEBサイト『対馬の樹』のコンテンツ「対馬のこと」をご紹介しています。皆様のご意見やご感想をお待ちしています。
以前の記事
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

スーパーマーケットの思い出

先の「対馬の街角から」の予告について、様々なご意見をいただきました。奮闘するスーパーマーケット「対馬丸栄」の現状、気になる「アジト」の情報もあり。みなさま、どうもありがとうございます!このスーパーマーケット「対馬丸栄」について、私の思い出とともに紹介させていただきます。最後にちらりと「アジト」のことも。

私が小学校の頃、母と一緒に、「対馬丸栄」と今は無き「丸富」という、川端通りの同じ並びにあるスーパーマーケットに行くのが楽しみだった。週に1回(確かどちらも土曜だったような)、「スタンプ3倍の日」というのがあって、私と1つ年下の妹は荷物運搬要員として、母のお供をしていた。当時、この「スタンプ3倍の日」は、どちらのスーパーも大盛況だった。私たちは指先が真っ赤になるほどの荷物を持って、母の後をよたよたと付いて帰っていた。

「対馬丸栄」のスタンプは500円で一枚、真四角の赤い色をしたものだった。確か20枚くらいたまると500円の金券として使えた。「丸富」のスタンプはグリーンスタンプで、100円で1枚だったような。これらをペタペタ貼っていく作業もたまに手伝っていた。母はこのスタンプをこまめに稼いで、そしてとても大切に保管していた。束ねてバサバサさせて、「ほらーっ」と見せてくれたこともあった。今はどこもポイントカードばかりで、このスタンプ制度はすっかり姿を消してしまったなぁ。確かにポイントカードは便利。だけど、「たまって嬉しい感」はこのスタンプのほうがずっとあったように思う。そうそう、大学に入って一人暮らしをした際、母がこのこまめにためたグリーンスタンプで、当時は流行の先端だったテレビとVHSカセットが一体となった「テレビデオ」を取り寄せてくれた。

「対馬丸栄」にはある程度の量のお買い物をすると、自宅まで届けてくれるというサービスがあって、その場合はレジを通す際、レジのおばちゃんがダンボールに荷物をきれいに詰めてくれていた。そして、ダンボール上部に、油性マジックでデカデカと「田渕○○番地 早田」のように、地区名と宛名を書くようになっていた。今思えばすごくラフ。これで何のトラブルも事故もなかったのだからすごいと思う。この荷物、配達のおじちゃんがバイクで届けてくれていて、いつからか白い軽トラで配達されるようになった。確か、「対馬丸栄」のオリジナルソングもかかっていたと思う。おそらくとてもニーズがあったのでしょう。それくらい「対馬丸栄」は流行っていた。

当時、「対馬丸栄」や「丸富」に押され、昔の商店街「十玉小路(じゅうおうしょうじ)」がどんどん廃れていき、母方のおじいちゃんは、「人の流れがすっかり変ってしまったばい…」と嘆いていた。この「十玉小路」は幅が約2~3メートル、長さ約200~300メートルくらい(かなりうろ覚え)にわたって、肉屋さん、魚屋さん、八百屋さん、天ぷら屋さん…、小さなお店がひしめいていた。母が子どもの頃には、人だかりで先が見えないくらいだったのだそうだ。私が本当に小さい頃はまだ何とか営業しているお店もあったけど、今はどうなっていることやら。

そして今は、「丸富」は姿を消し、「対馬丸栄」もとても厳しいとお聞きしている。私がはしゃいで乗せていただいたエスカレーターは止まったまま。でも、なじみのお客様は今も足しげく通っているということで、そういう地元の人たちに支えられて営業されているそうだ。島外資本による大型スーパーが、最近完成した立派な複合施設(交通センター・文化センター・ショッピングセンター)に入り、また、多くの方が自家用車でちょっと遠くの大型スーパーやドラッグストアに出かけるようになった。おじいちゃんがかつて言っていたように、また今も人の流れが変ってしまった。人は世につれ、世は人につれ。とはいうものの、土地の力が弱くなってしまう、こういう全国的にみられる現象というのは、これから先、どういう風におさまりどころを見つけるんだろうか。

最後に「アジト」情報について。韓国語の「アジト」は「憩いの場」という意味があるのだそうだ。(もし違っていたとしたらお知らせください)。ただこの名称のため、地元の人はどうも近寄りがたいようで。それにあの看板、白地に黒い文字の大雑把な作り、さらに書体もただならぬ雰囲気を醸しているし。日韓友好のためにも一工夫欲しいところ。おすすめメニューは本場韓国料理ということだし、それにウォンの下落でお客さんもまばらなようだし、今度、「エイヤーッ」と入ってみようかと思う。ちょっと思いついたのだけど、横浜・神戸・長崎の中華街のような、日本にいながらにして本場料理を楽しめる、リトルコリアンタウンがどこか一部地域にあると面白いかも。まだ韓流ブームも続いているようだし、ここでしか手に入らない韓流スターグッズ専門店とかあったら、本土からおばちゃま達が大挙して訪れたりして。案外、韓国人よりも猛々しくて騒々しいかも。(地元の人はもうそういうのは勘弁してよって感じですよね…)。

□対馬の樹 http://www.tsushimanoki.net
[PR]

by tsushimanoki | 2009-03-14 04:16
<< 生どんこしいたけ 「対馬の街角から」に乞うご期待! >>