対馬の樹


WEBサイト『対馬の樹』より
by tsushimanoki
このブログについて
WEBサイト『対馬の樹』のコンテンツ「対馬のこと」をご紹介しています。皆様のご意見やご感想をお待ちしています。
以前の記事
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

玄海の塩

てんぷら、ゆがいたソラマメ、高価なお豆腐などは、「玄海の塩」をつけて食べている。これは対馬の樹で頻繁に登場する飯束商店で購入したものだ。私は飯束商店にとても信頼を寄せているので、この塩の作り手さんや製法のことなどは全く知らなかったのだが、すごくいい塩なんだろうと直感的に思って購入した。

この「玄海の塩」は、塩作りのために対馬に移り住んだ、橋本清澄さんが作り続けているものだ。ホースで海水を運び、濃縮装置に1ヶ月近くも循環させて、太陽光と潮風だけで塩分を濃縮させる。この後、不純物を取り除いて、上澄みをパレットに広げて、ハウスで乾燥させて完成させている。自然のエネルギーだけを使って作られる、まさに「スローフード」である。

これだけ手間ひまをかけて作られているものだから、当然、雑に扱ってはならないと思う。だから、私は野菜やパスタをゆがくときなどにではなく、御馳走用に使っている。

玄海の塩 150g入り 550円(税込)

飯束商店
〒810-0021長崎県対馬市厳原町今屋敷731
TEL/0920-52-0159

□対馬の樹 http://www.tsushimanoki.net
[PR]

by tsushimanoki | 2008-05-25 12:50
<< ツシマヤマネコの本 エンドウマメ、新タマネギ、新ジ... >>