対馬の樹


WEBサイト『対馬の樹』より
by tsushimanoki
このブログについて
WEBサイト『対馬の樹』のコンテンツ「対馬のこと」をご紹介しています。皆様のご意見やご感想をお待ちしています。
以前の記事
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 03月 ( 24 )   > この月の画像一覧


清話会様への原稿③「にほんの里100選」に想うこと

清話会様のメールニュースの原稿をアップしました。お時間のある方はどうぞお付き合いください。参考資料の長崎新聞連載「廃れゆく赤米神事」(平成21年1月25日~2月3日)については、対馬市役所の山内輝幸さんよりご提供いただきました。いつもいつも本当にありがとうございます!

<清話会について>
中小企業向けに情報誌を発行したり、講演会やセミナーなどを開催している、東京に本社を置く会社(昭和13年創業)が運営する会員団体。清話会では、全国各地の中小企業の経営者約3000人に対し、週に2回程度メールニュースを発行されていています。このメールニュースに、月に1回、執筆させていただいています。
■清話会WEBサイト http://www.seiwakai.com/


◇「にほんの里100選」に想うこと

皆様の暮らす街の桜はいかがでしょうか?お花見には行かれましたか?福岡の桜はピークを過ぎ、はらはらと散り始めています。3月最終日曜日の29日、桜の名所「西公園」はたくさんの人で賑わっていました。私は数名の友人と、お花見弁当とお酒を愉しみました。(まだ夜は冷え込むため、持参していたカセットコンロで淹れた熱々のお煎茶が喜ばれました。暖をとるものがあると、それを囲んで話もはずむような気がします)。

さて、3回目の今回は、今年1月に「にほんの里100選」(朝日新聞創刊130周年記念事業・森林文化協会創立30周年記念事業)に選ばれた、対馬最南端の集落、対馬市厳原(いづはら)町豆酘(つつ)についてお話しさせていただきます。今年早々のこの明るいニュースは、対馬在住者や出身者の間でちょっとした話題となり、私もそうですが、たくさんの人が嬉しい気持ちになりました。

「にほんの里100選」の対象となった里は、「集落とその周辺の田畑や草地、海辺や水辺、里山などの自然からなる地域。広さにかかわらず、人の営みがつくった景観がひとまとまりになった地域」。2008年1月~3月にかけて候補地の募集をしたところ、4,474件の応募があり、候補地は2,000件以上に達しました。この中から絞り込まれた400地点について、「景観」「生物多様性」「人の営み」を基準に現地調査され、さらに絞り込まれた150地点について、山田洋次監督が審査委員長を務める選定委員会にはかられ、100の里が選ばれました。(関東では、東京都町田市の「小野路(おのじ)」、神奈川県相模原市の「藤野町佐野川」など、関西では、京都府伊根町の「伊根湾の舟屋群」、大阪府能勢町の「長谷(ながたに)」など)。

対馬市厳原(いづはら)町の豆酘(つつ)については、「赤米の神事を継承/島最南端の集落。海士(あま)による潜水漁や赤米の栽培・神事など、古い文化を残す。里山を利用した養蜂や在来種ソバの栽培も盛ん」と紹介されています。さらに言うと、山や川や海の精霊達が登場する民話が語りつがれ、赤米神事の他にも古代中国で始まった亀甲を使った占い「亀ト(きぼく)」が細々と伝わる、対馬でも特殊な地域です。しかし、少子高齢化が進み、いずれも継承していくのは非常に困難な状況にあります。特に、国選択無形民俗文化財にも指定されているこの赤米神事は、赤米の栽培と年に10回もの行事があって手間もお金もかかり、さらに限られた人にしかできないという制約もあり、今は1軒の家の方によって何とか持ちこたえているとういう状態です。

豆酘(つつ)は「稲作伝来の地」とされ、千数百年前より古代米の赤米を栽培し、赤米をご神体として崇める赤米神事が伝えられてきました。(米と蕎麦は対馬を経由して日本に広まったとされています)。「頭仲間(とうなかま)」と呼ばれる家の人が、毎年持ち回りで赤米を作り、収穫した種もみを俵に詰めてご神体とし、秋から翌年の田植え前まで座敷の天井につるして奉ります。毎年2月の夜更けに行われている、ご神体の米俵を次の当番に渡す「赤米の神渡り」という神事のクライマックスでは、裃を身に着けた人々が集い、松明の灯りのもと、次の当番の家に米俵が運ばれます。しかし、昭和30年代まで20軒前後あった「頭仲間(とうなかま)」は平成18年には2軒にまで減ってしまい、そして平成21年の現在、残るはたった1軒となってしまいました。そのため、この「赤米の神渡り」は、米俵を運び出してはまた同じ家におさめるという、形式的なものとなってしまいました。

「頭仲間(とうなかま)」には、「神俵を受けずに頭仲間を辞めると不幸が起きる」という言い伝えがあり、辞める際には誰もが大きな葛藤と苦悩を抱えてしまうそうです。こういう言い伝えなどは、科学万能的な発想からしてみれば、非合理的でバカらしいものとされるかもしれません。とはいえ、長きにわたって伝承されてきた神事が、たったこの数十年の間に姿を消そうとしてしまっているというのは、求めていたはずの幸せな暮らしの姿とは言えないと思います。手間暇かかるわ、お金もかかるわ、それに脅し文句のような言葉もつきまとうわ、面倒でこの上ないことと一蹴するのは簡単ですが、なかなかそんな風にすっきりと割り切れないのが人の心かと思います。このような行事が伝承されているということは、その土地の人たちの心がリッチであることの証でもあるのではないかと思います。

「にほんの里100選」の取り組みは、「本来はこうあったほうがいいんじゃないだろうか?」というあるべき人の心の部分を再生させようとする取り組みのような気がしています。絶滅の危機に追い込まれているツシマヤマネコを守る取り組みにも通じるものがあると感じます。今回、この「にほんの里100選」に豆酘(つつ)が選ばれたのは、風前の灯のような赤米神事について、一部の人たちだけではなく、皆で考えましょうよという機会を与えてくれたのではないかと思います。私の個人的、希望的な締めくくりになってしまいますが、ぜひそういう気運がこれから出てくればなと思います。

参考資料:長崎新聞連載「廃れゆく赤米神事」(平成21年1月25日~2月3日)
■「にほんの里100選」のWEBサイト http://www.sato100.com/index.html

□対馬の樹 http://www.tsushimanoki.net
[PR]

by tsushimanoki | 2009-03-31 12:02

出会いと別れ…、対馬野生生物保護センター所長の佐々木さんが異動

春は出会いと別れの季節。(今年は早々に「対馬の自然と文化を守る会」会長の樋口先生との悲しい別れがありましたが)。「対馬の樹」の開設当初よりお世話になっていた、対馬野生生物保護センター所長の佐々木さんが4月より東京霞ヶ関に赴任されることになった。(いわゆる官僚として中央省庁で働かれることに)。このお知らせも本当に唐突で、驚いたのと悲しかったのと、様々な思いが駆け巡った。

佐々木さんは2006年7月より現職。私の印象では、年齢は30歳前後くらいのお若い方。これまで、東京(本省国立公園課)、熊本(国立公園課熊本事務所)、東京(本省野生生物課)、対馬野生生物保護センターというように勤務されてこられた。環境省というのは他の省庁に比べて、最先端での現場経験を積まなければならない、そういう省庁なのだそう。(ほんとにまあ、最先端も先端、辺境の対馬までよくぞ来てくださいました。しかもものすごく多忙だったようですし)。

佐々木さんとお会いしたのは昨年の7月。「メールのやりとりだけではなんですし一度ご挨拶に」ということでセンターを訪ねた。とても分かりやすく丁寧に、対馬野生生物保護センターが何たるかについてご説明くださった。私との面談の後には「農家のおじちゃんたちと草刈作業をすることになっている」と慌てて舟志(しゅうし)へ向かわれ、地元の人たちと共にがんばっている佐々木さんの姿をほんの少しだけ垣間見た。その後も、メールニュースなどで貴重な情報を提供してくださったり、私からの質問についても細やかにご対応くださったり、「対馬の樹」の感想を寄せてくださったり、たびたび力になっていただいた。正直に言うと、そこまでツシマヤマネコに関心のなかった私だけど、佐々木さんのおかげで、「ツシマヤマネコが生息しやすい環境作り」という非常に興味深いテーマを与えていただくことになった。食との関連も密接だし。

佐々木さんにお会いして、だからオヤクニンはとか、だからコームインはとか、そういうことを口にしてはいけないと改めて思った。属性など分かりやすい情報だけで人を判断するのはイージーすぎる。ある程度はそうと言えるかもしれないけどそうでないケースも多い。人も自然も多種多様。丁寧にみていかないと。(と言うは易し。気をつけたいと思う)。

佐々木さん、対馬での勤務、お疲れ様でした。本省に行かれても、これからも対馬のことを見守ってくださいね。よろしくお願いいたします。最後に佐々木さんのメッセージの一部をご紹介いたします。

私がセンターで仕事をしてこれたこと、安心して外に出て働けたことは、何よりスタッフの協力があったからこそです。スタッフの半分は島外から来て、対馬とヤマネコのために奮闘しています。大谷もその一人で環境教育業務を支える重要な人物になるでしょう。また、獣医の山本、調査担当の茂木も大事な柱です。今年度末で退職する前田、上山もしっかりやってもらいました。島内出身者の阿比留、田代、川口、神宮が、ヤマネコを飼育し、来館者対応をし、センターを運営してくれています。そして、地元のたくさんの方々がセンターの活動を支えてくださっています。東京でも、対馬のことをいつも気にかけています。対馬とヤマネコが元気になるよう、応援したいと思います。

□対馬の樹 http://www.tsushimanoki.net
[PR]

by tsushimanoki | 2009-03-27 13:43

ふちがみのパン

美津島町鶏知(けち)のスーパーサイキのパンコーナーには、懐かしい懐かしい「ふちがみ」と「ベルン」、また対馬グランドホテル内にある新しいパン屋さんのパンが、大手メーカーの商品とともに並んでいる。私は「ベルン」が大好きで、レーズンパン、食パン、クリームパン、チョココルネなどのパン、そしてイチゴのショートケーキ、黄色いぐるぐるがのったモンブラン、チョコでコーティングされたタヌキの顔がぽよんとのったケーキ…、色々とお世話になった。今度、久しぶりにベルンに行ってみよう。おっと、「ふちがみ」のお話しでした。このパッケージ、まだ昔のまんま。福岡に戻って餡パンをかじっていると、それを見た人に、「ゆうさん、それどこで買ったんですか?かなり見ない感じなんですけど。どっかの有名なお店ですかー?」と尋ねられた。確かに、レア感がむんむんするもんね。生地の厚みやふわふわ感もちょうどよくて、餡の甘さもちょうどよくて、美味しかった。

渕上菓子店
〒817-0005長崎県対馬市厳原町桟原59
TEL/0920-52-0327

□対馬の樹 http://www.tsushimanoki.net
f0167375_13163431.jpg

[PR]

by tsushimanoki | 2009-03-25 13:16

ホシカリの味噌汁

ちょっと前にも紹介した「ホシカリ(カサゴ)の味噌汁」。くどいようだけど、本当に旨いので。(変化をつけておかしらの部分)。これも、お隣のおじちゃんにいただいたもの。こんどは自力で捕獲し、それをさばき、そして味噌汁にしたものをその過程とともにご紹介しまーす。

□対馬の樹 http://www.tsushimanoki.net
f0167375_13143674.jpg

[PR]

by tsushimanoki | 2009-03-25 13:15

対馬銘酒「白嶽(しらたけ)」

「スーパーサイキ」で購入した活きのいいカンパチとアジのお刺身、ワケギとミナ(海の巻貝)のぬたあえ(実家の畑で採れた香りとぬめりの強いワケギと、両親が採ってきてくれて冷凍保存していたミナを使って)、そして生どんこしいたけとタラの芽の天ぷらをあてに、対馬銘酒の白嶽(しらたけ)で一献。このぷっくりとした波佐見焼きもかわいくてお気に入り。父と私で2合ずつくらい飲んだ。

河内酒造合名会社 http://tsushima-sake.net/
〒817-0322長崎県対馬市美津島町鶏知甲490-1
TEL/0920-54-2010

□対馬の樹 http://www.tsushimanoki.net
f0167375_1338630.jpg

[PR]

by tsushimanoki | 2009-03-24 13:39

美津島町尾崎漁港と隣のおじちゃんの船

実家の前の海、美津島町尾崎の漁港。小さな船は隣のおじちゃんの船。おじちゃんはこれで、ミズイカとかタコとかホシカリとかの漁を、今も細々と続けている。「あと2年くらいはすっけん」と話していたけど、「まだまだ続けてください!!美味しいものを食べさせてください!!」と力強くお願いした。「優子ちゃん、ちょっと待っとかんね。船からホシカリを取ってとってくっけん」と、船からホシカリを2匹持ってきてくれた。(しばらくは魚を船に置いているんだねー。魚の保管状況やら装備のなんやらかんやらを見せてもらうために、今度、船に乗せてもらおうっと)。帰りの朝、母がこのホシカリで味噌汁を作ってくれた。美味しかったよぉ。

□対馬の樹 http://www.tsushimanoki.net
f0167375_13371943.jpg

[PR]

by tsushimanoki | 2009-03-24 13:37

ワケギとミナのぬたあえ

実家の畑で取れたワケギを軽くゆで、両親が採ってきてくれて冷凍していたミナと酢味噌をあえたもの。ワケギは香りも粘り気もかなり強くて美味しい。ミナは直径と高さが2~3センチくらいの海の巻貝で、磯にはたくさんいて子どもでもたやすく採取できる。これを湯がいて身をほじくり出すのが手間。子どもの頃、夏にいとこ達が集まると、都会の子は嬉々として集め(私はそう新鮮でもなく淡々と)、それを子どもたちでマチバリを使ってほじくり出していた。そのままでも美味しいし、砂糖醤油で味をつけたり、こうやってぬたあえにしても美味しい。

□対馬の樹 http://www.tsushimanoki.net
f0167375_1338495.jpg

[PR]

by tsushimanoki | 2009-03-24 13:37

庭先のゲンカイツツジ

もう終わりかけの実家の庭先に咲くゲンカイツツジ。めしべだけになっているものも多数。小ぶりですっきりとしているし、色も優しい。

ゲンカイツツジとは何ぞやという問い合わせがありましたので、「対馬植物図鑑」というサイトで紹介されている國分英俊さんのコメントの一部を以下にご紹介します。

ゲンカイツツジは日本に自生があるツツジの中でも最も早く開花をはじめる半落葉性・落葉性のツツジです。対馬以外では、岡山県の一部、北部九州の比較的高山の特殊な地域でしか見ることができません。対馬におけるゲンカイツツジの分布は他の地域では見ることの出来ない特徴をもっています。対馬では海岸、それも満潮時は潮が届きそうなところを好んで生育しています。少し風がある時にはゲンカイツツジ自体が波をかぶることもあるようですが枯れることもなく生育しています。

■対馬植物図鑑(「ゲンカイツツジの種まき」の項)
http://marugoto.cool.ne.jp/tsushima/syokubutsu-zukan/howto/genkaitutuji/genkaitutuji.htm"

□対馬の樹 http://www.tsushimanoki.net
f0167375_13363226.jpg

[PR]

by tsushimanoki | 2009-03-24 13:36

対馬空港

こんなにさっぱりした空港は全国でも珍しいはず。待機中の飛行機は基本的に1機のみ。「ナンニモナーイ」という状況も多々あり。うるさい看板もない、ビルもない。周りはぐるりと浅茅湾の山々や入り江などが広がり、ゆるやかな曲線が連なって目に優しい。ただ、断崖絶壁から離着陸するため、特に着陸の際は今でもちょっとだけおろおろっとする。

〈おまけ〉
対馬空港の愛称が「対馬やまねこ空港」に決定し、『翼の王国』巻末の「ANAグループ国内線航路図」でも、つい最近、そのように表記されるようになった。実はこの愛称、2008年1月に決定していたようで、すでに1年以上が経過している。愛称の応募総数は1606件、2位以下にはアッと驚くような案もあった。「つしまどんこ空港」って…。今後、空港のリニューアルにあわせて看板などが変えられるのだそう。すでに空港のバス停はロゴマークが入り、「対馬やまねこ空港」と表記されている。

□対馬の樹 http://www.tsushimanoki.net
f0167375_1335436.jpg

[PR]

by tsushimanoki | 2009-03-24 13:34

急遽、対馬に帰省中

春休みに入った甥っ子達を連れて対馬に帰省中。彼らのお父さんが動けないため、急遽、私が連れて帰ることになった。(明日は福岡に戻ります)。窓際の席は上のちびに譲り、空の風景は堪能できず。(ま、あまり天気が良くないことだしいいよ)。対馬空港に降り立つと、ふわっとガスがかかっていてクリアな色彩ではないものの、山々の美しい新緑や桜が出迎えてくれて、体中で春を感じることができた。「スーパーサイキ」で活きのいい魚、そしてまた天ぷらをしようということで、タラの芽や生どんこしいたけを調達して帰った。うわー、今晩も楽しみだなー!

さて、実家に着くと、またもや珍しいお客様。この「対馬の樹」でも紹介させていただいている民話を書かれている阿比留敏洋さんがたまたまいらしていた。美津島町尾崎に伝わる民話の聞き取りなどのために福岡から対馬に帰省されていたのだった。そのことはお電話でお聞きしていて、時間があれば私の実家にもご挨拶に伺いたいということだったのだけど、まさかお会いできるとは!お互いに「えぇーっ!あらまー!」と。阿比留さんは、今も精力的に様々な民話を書き留める作業を続けられて、その数はじわじわと増えている。今年は美津島町今里中学校の卒業生に手作りの本をプレゼントされたそうだ。

取り急ぎ、テキストのみでご報告させていただきます。写真はあさってくらいにアップします。それでは素敵な連休最終日をお過ごしください。

□対馬の樹 http://www.tsushimanoki.net
f0167375_0584833.jpg

[PR]

by tsushimanoki | 2009-03-22 16:39