対馬の樹


WEBサイト『対馬の樹』より
by tsushimanoki
このブログについて
WEBサイト『対馬の樹』のコンテンツ「対馬のこと」をご紹介しています。皆様のご意見やご感想をお待ちしています。
以前の記事
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

地下鉄のホームにて

地下鉄のホームの柵に、読売新聞で連載の「景 空から」が貼り出されている。前々からおもしろいなぁと思っていたのだが、このたび対馬の記事を発見。

記事は次の通り。

海原へにょきにょき
長崎県対馬市
緑の大地が青く輝く海原に伸びている。対馬の中央に位置する浅茅湾(あそうわん)は西側の海に大きく湾口を開くリアス式海岸だ。大小の入り江は1000を越え、海岸線は約360キロにもなる。
(毎月1回読売新聞朝刊に好評連載中)

ふと、世界のセレブリティーが別荘を構えるドバイの人工島「パーム・アイランド」みたいだと思った。でもこの浅茅湾(あそうわん)の海岸線は自然が作り出したものなのだ!

□対馬の樹 http://www.tsushimanoki.net
[PR]

# by tsushimanoki | 2008-04-22 18:10

甘夏とわらび

またまた実家からのお届け物。今回は甘夏がざっと20個、わらびの水煮が届く。甘夏は自宅で栽培しているもので、とてもみずみずしくて甘くておいしい。母に「食べたら元気がでるよ」と言われたのだが、まさにそのとおり!気持ちがシャキっとした。

祖父は自分で作った甘夏もぎ専用の竿を使って甘夏を収穫していた。竿の先がVの字になっていて、細い枝ごとちぎり取るようにしていた。器用な人で、落ちた実が袋の中にぽとりと落ちるようになった袋付き梅もぎ専用竿なども作っていた。梅もぎ専用竿はおもしろかった。竹竿の先に小さな虫取り網状の袋があって、その中に梅の実を入れて手元をくるりとひねると、ちゃんと袋の中に落ちるように設計されていた。今では実が落ちない高枝切りバサミにその役目を奪われたが、「採ったぞ~!」という感じはあの竿にはかなわないと思う。

わらびの水煮は母のお手製。父と母とで「行きつけ」の場所で採取したものである。いくつかそういう場所があるらしい。私はわらび採りが大好きなのだが、ここ数年本格的にやっていない。まだ芽を出して間もないわらびはなかなか見つけるのが困難だが、見つけたときの喜びとそれを採取するときの高揚感がいい。タイミングを逃してばかりだ。来年こそは行きたいな。

□対馬の樹 http://www.tsushimanoki.net
[PR]

# by tsushimanoki | 2008-04-19 18:09

うに届く!

この時期になると実家からうにの瓶詰めを送ってもらう。対馬厳原町にある老舗の「飯束商店」のものである。高価だけど、小さい頃から親しんでいるので、うにの瓶詰めといえばこれに限る。

私は子供の頃は苦手であまり食べなかったのだが、父や妹(当時小学生)が大好物で、おのおの瓶に名前を明記し、熱々ご飯の上に大豆くらいの大きさ分ずつ乗せて食べるのがならわしだった。最後は瓶の中にご飯を入れて瓶にこびりついたものまで食べつくしていた。二人ともそれはそれは大切そうに、おいしそうに食べていたなぁ。

私はそのままちびりちびりとなめるように食べながら、日本酒と一緒にいただく。この季節をかみしめる至福のひとときだ。塩をあまり使っていないので、生うにからあんまり遠くない味がする。アルコール漬けのものや塩がふんだんに使われているものとは全く違う風味。以前、他の産地のアルコール漬けのものを食べたとき、同じものと思えないあまりもの違いにびっくりしてしまった。

さて、のみすけの友人をご招待して一緒に食べようかな。

飯束商店
〒810-0021長崎県対馬市厳原町今屋敷731
TEL/0920-52-0159

□対馬の樹 http://www.tsushimanoki.net
[PR]

# by tsushimanoki | 2008-04-16 17:58